フットサル交流会 7月28日(日) - 神戸東洋日本語学院

神戸東洋日本語学院

フットサル交流会 7月28日(日)

六甲アイランドのセレゾン6-aiフットサルクラブで、初めて日本人の方とフットサルでの交流をしました。当校はベトナム人学生10名、中国人学生3名が参加し、日本人の方とチームを編成しました。元ヴィッセル神戸監督もされた熟練指導者の加藤コーチの指導による練習(コミュニケーションゲーム)から始まり、その後は3チームに分かれ、試合をしました。

試合時間は各5分程度でしたが、それを3チーム交代で1時間繰り返したので、3ゲーム目くらいで、普段の運動不足もたたり、早くも学生たちはバテ始めました。後半は、次第に体も慣れてきて、徐々に声も出てきました。

まだまだ、個人プレーの応酬でしたが、少しずつ日本人の方ともコミュニケーションがとれるようになり、最後にはチームメイトとして、すっかり仲良くなっていました。