兵庫の魅力を紹介します! 淡路島編 - 神戸東洋日本語学院

神戸東洋日本語学院

兵庫の魅力を紹介します! 淡路島編

神戸東洋日本語学院は、兵庫県神戸市にあります。ここでは兵庫の魅力を紹介していきます。

今回は、神戸からも近く観光地としても有名な淡路島を紹介していきます。

1.「淡路島ってどんなところ?」

 淡路島は、兵庫県に属する瀬戸内海で最も大きな島で、山や海の大自然を利用したアクティビティ体験スポットがたくさんあります。

 山では、いちご狩り、みかん狩り、ぶどう狩り、ブルーベリー狩り、さつまいも掘りなどの味覚体験を楽しめます。海では、綺麗なビーチで海水浴はもちろんシーカヤック・カヌー等のマリーンスポーツも楽しめます。

2.「地理」

淡路島は、神戸の南西に位置し、シンガポールとほぼ同じ大きさの島です。神戸市と淡路島の間には、世界最長の吊橋「明石海峡大橋」が架けられており、神戸から高速バスに乗って淡路島に行くことも可能で、アクセスも便利です。

3.「観光スポット」

・明石海峡大橋

最初に紹介するのは、淡路島に行くのは少し敷居が高いと感じる方にもお勧めで、淡路島に渡らずとも淡路島の綺麗な景色を一望できる場所です。

その観光スポットとは神戸から電車でのアクセスが便利で気軽に訪れることが出来て、明石海峡大橋と淡路島を見渡せる兵庫県立舞子公園です。

明石海峡大橋は、全長約4㎞で、世界最長と言われる吊り橋は圧巻です。ぜひその高さとスケールの大きさを、間近で感じてみてください。

※神戸(三宮)からのアクセス(約25分)

JR山陽本線「三宮駅」で(JR神戸線 西明石・姫路方面の電車に)乗車し、「舞子」駅で下車。南へ徒歩約5分。

 

・あわじ花さじき

淡路島北部の丘陵地で、大阪湾に向かってなだらかに広がる花畑が有名です。約15ヘクタールの広大な花の大パノラマが楽しめる花の観光スポットです。

 

神戸東洋日本語学院の遠足でも訪れたことがあります。

2018 春の新入生歓迎遠足 - 神戸東洋日本語学院 (jp-college.com)

※神戸(三宮)からのアクセス(約50分)

三宮バスターミナルで高速バスに乗車し、東浦インターチェンジで下車。タクシーで約10分。

 

・淡路島フルーツ農園

季節に応じて、いちご狩り、ぶどう狩り、ブルーベリー狩り、さつまいも掘り、みかん狩り等、一年中様々なフルーツや野菜の収穫を体験することが出来ます。

※神戸(三宮)からのアクセス(約1時間半)

三宮バスターミナルで高速バスに乗車し、津名一宮インターチェンジで下車。徒歩約30分(平日は送迎車有り・要予約)。

 

・洲本温泉

淡路島の東側に位置する海岸沿いの温泉、ホテルニューアワジなどテレビCMで有名なホテルがあります。その近くにある淡路島観光ホテルでは、日帰り温泉が1100円で楽しむことが出来ます。

※神戸(三宮)からのアクセス(約40分)

三宮バスターミナルで高速バスに乗車し、洲本バスセンターで下車。各ホテル送迎バスにて約5分。

 

淡路島には、観光地が多くありますが、公共交通機関を利用して行くことの出来る場所をいくつか紹介しました。機会があればぜひ淡路島に訪れてみてください!


[事務職員K]

single