いろんな意味がある言葉「すみません」 - 神戸東洋日本語学院

神戸東洋日本語学院

いろんな意味がある言葉「すみません」

みなさん、こんにちは。

本日は、いろんな意味がある言葉「すみません」について紹介したいと思います。

日常会話でよく使う「すみません」ですが、3つの意味があります。

 

意味①「ごめんなさい(謝罪)」

「約束の時間に遅れてすみません」や「迷惑をかけてすみません」などのように謝罪するときに「すみません」を使います。

家族や親しい人には「ごめんなさい」と「ごめん」を使います。

 

意味➁「ありがとうございます(感謝)」

「誰かが落とした物を拾ってくれたとき」や「誰かが席や順番を譲ってくれたとき」などに、感謝の気持ちを込めて「すみません」を使います。

この「すみません」には、負担をかけて「申し訳ない」という気持ちが含まれています。

家族や親しい人には「ありがとうございます」と「ありがとう」を使います。

 

意味➂「ちょっといいですか(呼びかけ)」

「すみません、注文をお願いします」や「すみません、○○を取っていただけますか」など誰かを呼びかけるときに使います。

家族や親しい人には「あのう」や「ねえ」などを使います。

 

最後に「すみません」はビジネスでは使いません。

以下の内容に注意しましょう。

 

・前述の意味①「ごめんなさい(謝罪)」をビジネスシーンで使うとき

「申し訳ございません」や「ご迷惑をおかけしました」、「お詫び申し上げます」などに言い換えましょう。

 

・前述の意味➂「ちょっといいですか(呼びかけ)」をビジネスシーンで使うとき

「失礼いたします」や「恐れ入りますが」などに言い換えましょう。

 

このように「すみません」という言葉1つだけでも様々な気持ちが含まれています。

普段よく使っている言葉ですが、実は奥深い言葉だということに気づかされました。

[日本語教師C]

 

single