授業紹介:「七夕」 - 神戸東洋日本語学院

神戸東洋日本語学院

授業紹介:「七夕」

7月7日は、「七夕」です。天の川を挟んで織姫と彦星が1年で唯一会える日です。日本では短冊に願い事を書くという風習があり、夏の風物詩となっています。

 

当校でも授業で学生たちに七夕の紹介をしました。

七夕の伝説について学んだ後、それぞれ短冊に願い事を書き、笹に飾りました。

願い事には、

「幸せになれますように」や「EJUとJLPTでいい点数が取れますように」、「自分の会社が早く作れますように」などがありました。

みなさんの願いが叶いますように。


 

「七夕」ついて詳しく知りたい人は↓↓こちら↓↓をご覧ください。

日本の風習『七夕』

 

昨年度は新型コロナのため中止になりましたが、
一昨年のブログもご覧ください。
(昨年度は新型コロナのため中止になりました)
https://jp-college.com/cat_japanese05/20200727/

single